食べるの大好き!でも太りたくな〜い!

土砂災害は火災保険で補償される?

台風や集中豪雨などがあるとこれらを原因に土石流、地すべり、崖崩れなどの土砂災害が発生します。家が潰されたり、家の中に土砂が入ったりと大きな被害がある土砂災害ですが、そもそも火災保険で補償されているものなのでしょうか。

土砂災害と火災保険の補償について契約の際のポイントや注意点とともに解説していきます。

土砂災害と火災保険の補償内容

最初に火災保険の主な補償内容について確認しておきましょう。保険会社ごとの火災保険商品やプランによって違いがある点を頭に入れて頂き読み進めてください。

火災保険の損害保険金の主な補償内容は主に次のようなものです。

  1. 火災
  2. 落雷
  3. 破裂・爆発
  4. 風災・雹災・雪災
  5. 建物外部からの物体の飛来・落下・衝突
  6. 給排水設備の不備による水濡れ
  7. 騒じょう・集団行動・労働争議に伴う暴行
  8. 盗難
  9. 水災
  10. 偶然な事故による破損など

1~4までの補償はたいていの火災保険で補償されています。最近では自分で必要な補償を組み合わせる火災保険もありますので補償内容もさまざまです。

それでは土砂災害が上記の補償内容に該当するものがあるかですが、実は 水災がこれにあたります。 火災保険では水災という言葉とよく使いますが、水害と同じ意味だと思ってください。

大雨や台風、ゲリラ豪雨(集中豪雨)などで洪水や高潮、床上浸水することなどがありますが、火災保険の補償上ここに土砂災害が入ります。

今回のテーマである「土砂災害は火災保険で補償される?」については補償される火災保険があるということです。

土砂災害保険

土砂災害と水災の補償、各社の火災保険商品の状況は?

古くからある火災保険は、住宅火災保険・普通火災保険・団地保険などでは 水災の補償は付帯していません。逆に補償しているのが、住宅総合保険・店舗総合保険・各社独自の火災保険(商品名は個々に違う)です。

現在の火災保険の商品構成は、保険会社によっては各社独自の火災保険に一本化している
保険会社もあります。このような場合でも水災を補償していないケースがあります

具体的には火災保険商品は自社の独自商品で一本化していてもプランをいくつか設けている場合です。同じ火災保険商品でも例えばワイドプランなら 水災が補償されるが、エコノミープランだと補償しないというようなことです。

土砂災害についての補償が必要だと考えているならまずは火災保険に水災の補償がどのようになっているのかを確認してください。

土砂災害を火災保険で補償する注意点は?

古いタイプの火災保険を残している損害保険会社でも自社の独自の火災保険をウリにしています。これらの各社独自の火災保険商品に比較的共通しているのは、水災補償の付け外しができることです。

昨今の不景気も影響して保険も安いものに目が行きがちです。住居が高台にあるとかマンションの高層階に住んでいるなどであれば水災の補償はいらない(その分保険料は安い)というような話も最近はよく耳にします。

近くに川などもなく床上浸水など心配ないと思っても、自宅の後ろに崖や山があって土砂災害の可能性があるなら安易に水災補償がないタイプにしてしまうのはリスクが大きいというわけです。

自然災害や事故は何があるか分かりません。どんなことに不安があって、自分の住環境がどうなっているのか?自分に必要な補償、負担する保険料などさまざまな角度から火災保険のプランを検討してください。

土砂災害は保険の対象になるのか?

土砂災害と火災保険金の支払い

土砂災害、つまり水災補償と火災保険の損害保険金の支払いについても知っておいてください。 水災関係の補償は、床上浸水もしくは地盤面から45センチ超の浸水、損害割合30%以上の場合などというような規定になっていることがあります。

単に水災の補償があるから安心というのではなく、災害にあった場合の保険金の支払いにこうした規定や自己負担などがないかなども契約のときに確認しておきましょう。

火災保険見直しのポイント

土砂災害も火災保険で補償できるタイプがある。保険金支払いについても確認した上で検討するようにしましょう。



土砂災害についてメールでのお問い合わせ

御連絡のつく番号をお知らせください



a:5542 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM